The Killingと11/22/63は面白いドラマだった

最近、Huluで見終わったドラマは「THE KILLING ~闇に眠る美少女 シーズン4」と「11/22/63」です。



THE KILLINGはシーズン4でドラマが終了。
11/22/63も続編はおそらくないと思います。
どちらも余韻を残すいいドラマだったなと。



自分の中でいいドラマとは「余韻」なのかなと感じています。
見終わったあとに「書きたい何か」があるかどうか。
それがないということは、伏線もあっと驚く展開、設定、奥深さがないんでしょうね。

心動かされるドラマを見たい・・・それが海外ドラマに求めるものなのかも。

その点で「THE KILLING」はよかったです。
刑事モノですが、なかなかの精神の参りようで、難解事件に挑んでいきます。
とにかく、ストーリーが練られていますよね

予想外の連続で、えっ?そうなの? ということが多くて。
ただ全体としてとても暗いんですが、中毒性は割にあると思います。

シーズン1・2がセット、3・4がセットと長編物です。


「11/22/63」の方はケネディ暗殺をタイムスリップして防ぐという趣旨の話ですが、いやあびっくりでした。
9話完結ですが、そこまでに至る道が平坦だけど、クライマックスがグッときます。
久々にやばい作品でした。

そして、余韻がものすごい。
さすがはスティーブン・キングの原作です。
面白さがわかるまでちょっとかかるかもしれませんが、見るべき海外ドラマの1つなのかなと思います。



興味がある人はHuluで!

フォローする