スーパーナチュラル シーズン4-15話「奇跡の町」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン4-15話「奇跡の町」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




サムがボビーからの情報で、とある町で死ぬはずの人間が死なない現象が起きていると。
調査に乗り出す2人だが、悪魔の兆候もなく説明もつかない。
思い至ったのは死神がいないことだった。

だから死が訪れない。
そして、死神を今夜殺すことで新しい封印が破られると。
兄弟はパメラを呼び、幽体離脱して事件の解決を試みることにする。

霊になり、ディーンは死神テッサと再会する。
テッサに悪魔が狙っていると警告をするが、彼女は仕事をするという。
そして、悪魔が現れてテッサを連れて行く。

悪魔の正体はディーンと地獄で拷問を行ったアラステアだった。
悪魔の儀式を止めるために戦いなんとか止めることに成功する。
サムがパメラに襲いかかった悪魔を超能力を使い、壁に拘束し地獄に帰す。

パメラはサムにその能力を使うなと警告し亡くなる。
アラステアをカスティエルが捕らえる。
実は今回の情報源はボビーではなくて、カスティエルだった。

こうして封印を1つ守ることに成功する。



本編?でしたね。
サムはルビーと力を強化して超能力で敵を拘束することができるようになりましたね。
また、超能力を喰らわなくなるという・・・かなり強くなりました。

ディーンはサムの本音を垣間見て、自分が足を引っ張るのではないかと恐れているのかもしれません。
カスティエルを捕らえることに成功して、これで情報を手に入れることができそうですね。
どういう風になっているのでしょうか。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする