11/22/63 シーズン1-8話「1963/11/22」のネタバレ感想

Huluで今回は、11/22/63 シーズン1-8話「1963/11/22」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




ジェイクは病院で意識不明のまま運命の11月に入る。
オズワルドは妻と別居しその解消もままならず、友人のビルは消え、FBIに付け回されている疑いを深める。
そして、FBIの支部に行き、ホスティ捜査官を訪ねるが、支部内の誰もがまともに相手にしない。

オズワルドは怒りながらも、捜査官宛に手紙を残し、公式記録に残せと事務員に言う。

ジェイクはとうとう目覚める。
しかし、頭を殴られたショックで記憶が混濁して、自分が誰を追っていたのかも思い出せない。
その間にミミは亡くなってしまった。

セイディはジェイクの使命のことは理解していたが、ジェイクが巻き込みたくないと考えていたためオズワルドの名前を知らない。
そして、どこで盗聴していたのかも思い出せない。
頭痛に苦しみられる。

そして、ひょんな瞬間にビルのことを思い出す。
精神病院に行くと、ビルは電気ショックの荒療治を受けており、まともな精神状態ではなくなっていた。
彼を退院させようとすると、怯えて彼は窓から降りて自殺してしまう。

オズワルドはケネディ大統領がダラスにやってくる新聞記事を見て、何かを考える。
彼の母は息子に「お前はなんでもなれる可能性がある」と繰り返し言う。

ジェイクはセイディとの暮らしに戻るが、頭痛もあり思い出せもせずに消極的な人間になってしまう。
そのことに、セイディは根気強く励ましながら、彼を前に進ませようとする。
日が過ぎていく中、ようやくジェイクは前に進む覚悟ができた。

そして、思い出した通りの名前から前住んでいた場所を思い出して、一軒一軒訪ねていなく中で、オズワルドの家にたどり着く。
彼はジェイクのことを覚えていて、家に案内されてジェイクは記憶を取り戻す。
オズワルドを殺すこと。

台所で包丁を手に入れて彼を殺害しようとするが、彼が赤ん坊の世話を見始めたので彼は殺すのやめる。
計画を変更することに。
オズワルドが銃を妻マリーナの友人の家に隠しているので、それを先に取り上げてしまったらできない。

と思って探しに行くが銃はもうなかった。
オズワルドはマリーナにやり直そうと頼み込むが彼女は「もっといい暮らしがしたい。暴力を振るわない人とやり直したい」と彼を拒絶する。

ジェイクはオズワルドが銃撃するところを止めに行けばいいと考える。
セイディもついていくと。
パレードのある場所に車を止めると、警察官に立ちのけと言われる。

「過去の仕業だ」と離れた場所で夜を明かすことにする。
午前0時。とうとう1963年11月22日が始まる。
セイディと車内で話していると、電灯がチカチカと光り、セイディがいつの間にかイエローカードマンに入れ替わっていた。

彼は「何度やってもだめなんだ。失敗する。俺は4歳の娘を救おうとしたがだめだった。何度やってもだめだった。
これは罠だ。永遠に繰り返す。君も囚われてはいけない」と警告する。
なんと彼も未来から来てタイムリープをしている人間だった。

8時30分。
マリーナのベッドサイドで夜を明かしたオズワルド。
彼女は考え直したのか「今日は仕事を休んで、これからの話しをしましょう」と優しく話しかける。
オズワルドは「ごめん、今日は仕事がある」と板のよう物が入った紙袋を持って家を出て行く。


過去の仕業か、ジェイクとセイディは寝過ごしてしまった上に、車のエンジンがつかない。
近隣の車を盗んで駆けつけようとする。

オズワルドは教科書会社の倉庫に行き、ケネディ暗殺用の銃を取り出す。




おおーーー・・・とうとうですね。Xデー。

オズワルドは単独犯で暗殺を行ったというのが、スティーブン・キングの考えた答えというか、ジェイクがこうやってかき乱したから、このケースではそうなったという答えなんだと思います。
なぜ、愛国者のオズワルドが大統領暗殺に走ってしまったのかは、

・妻から別居、拒否される
・友人がいない(ビル失踪)
・FBIに常に監視されている(と思いこんでいる)
・以前からモーレンシルトから大きなことをしろとそそのかされている
・母が「あなたには可能性がある」と念仏のように繰り返している
・たまたまケネディがやってきていた

という辺りなのかなと思います。
大統領に恨みはないし、政治的な信念によるものではなくて、単純に自分の存在価値を世間に知らしめるためのような感じです。
マリーナが許していれば違ったでしょうし、ビルがいても違ったと思います。

ただ、それはそういう風にジェイクが動いたからとも言えるわけで、違う動きをしたらビルが共犯になっていたかもしれません。
そんな感じがします。
これがJFK暗殺の真実という意味ではなくて、そういうバタフライ効果が起きたという意味で。

なんにしても、セイディがすごいですね。かっこよすぎる。
ジェイクってだめなやつだ・・・とは言いすぎかもしれませんが、ジェイクをかき消すくらいにセイディが光っているなと。

イエローカードマンの正体はなんとタイムループしているパパさんでしたか・・・。
ずいぶんと年を取ってしまったから、本当に延々とやっているのでしょうね。
かわいそうな人だ・・・。

だからこそ、過去を変えようとしてやってくる人間を止めようとしているのでしょうね。
たぶん、アルのことも延々と繰り返して同情していたのかも・・・。


いよいよ・・・11月22日ですね・・・。
オズワルドが単独犯であるというのはアルとジェイクの結論ですが、バタフライ効果でかわってしまって、他の人が撃つ展開も考えられるのは考えられます。
でも、オズワルドは間違いなく撃つ。

次回はどういう展開が待っているでしょうか。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います!

フォローする