スーパーナチュラル シーズン3-5話「グリム童話殺人事件」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン3-5話「グリム童話殺人事件」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




とある町でグリム童話に出てくるような事件が頻発する。
事件を調査すると、ある植物状態になった女性が霊になって出ていることがわかり、除霊に成功する。

サムはディーンにいらだちを隠せない。
1年間の寿命しかないのにあがこうとしないのが許せないのだ。
ディーンは重みがなくなってせいせいしたといっているが。

サムはコルトを持ち1人で十字路に行き、ディーンと契約した悪魔を呼び出して、「契約を取り消せ。でないとお前を消す」と脅す。
悪魔は「私は代理で契約は上級の悪魔が持っていて、どうしようもない。ディーンは大人。これはまっとうな契約になるから、どうやって打ち消すことはできない」と。
サムは悪魔を撃ち殺す。




サムがコルトを持つと性格が変わっていません??
呼び出した悪魔を殺すなんて・・・ばちあたりというか、、、卑怯ですね。
悪魔が代理であるというのは、なかなかおもしろいですね。

契約は別の悪魔。
そいつを殺せば・・・なんとかなる??
ルビーはそのことを知っていたのかもしれませんね。

ディーンを助けたければルビーの助けをこわないといけない。
ルビーの狙いはディーンやサムとかではなくて、親玉の天使ルシファの復活なのかもしれません。
そのために協力しましょうといっているだけで、、、復活したら大惨事が起きるような。。。

いい人のようですから、、、このまま味方でいてくれるといいんですが、そうもいかないのかなと思いつつも。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする