スーパーナチュラル シーズン3-3話「ウサギの足」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン3-3話「ウサギの足」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




ジョンの携帯に電話が入る。
ジョンの倉庫に盗人が入ったという連絡だった。
サムとディーンはその倉庫に向かうと、中には父ジョンが貯め込んだ物品があった。

その物品の一部は封印の呪いが施してあるもので、その中の1つが盗まれていた。
盗人たちは女性からの依頼で盗んだようで、中を開けるとウサギの足が入っていた。
そして、それを持つようになってから運がつき始める。

あるハンターが刑務所のゴードンの元にやってくる。
「あんたの言うようにデビルズゲートが開いた」と。
ゴードンは「サムを殺せ」という。
そうしてハンターがサムを捜索し始める。

サムとディーンは盗人たちからうさぎの足を取り戻すことに成功する。
そして、どんどんと運が回ってくる。
ボビーに電話をすると、それは呪いの品で手放してしまうととんでもない不運に見舞われるという。

ディーンとサムは食事中にそれをウェイターに盗まれてしまう。
サムにどんどん不幸が起きる
そのウェイターは盗人たちの依頼人ベラだった。

ボビーは知っているようで、居場所を調べてくれる。
ディーンは不運なサムをホテルに残して1人でベラの元へ
ベラからなんなく取り返すことに成功する。

その頃、不運なサムはハンター2人に捕まり尋問されていた。
そこに幸運のうさぎの足をもつディーンが帰ってきて、運任せにあしらう。

ボビーから聞いた呪いを解く儀式をやろうとすると、ベラがやってきて銃を突きつけてうさぎの足をよこせという。
彼女は泥棒であり、盗んだ宝を売って儲けていた。
霊を呼び出す道具で持ち主などを聞くのだそうだ。

ディーンはうさぎの足を投げつけてベラに素手でキャッチさせて、手放せなくして、仕方なく呪いを解くことに納得させる。

出てきたハンターの1人は神に取り憑かれたのか、ゴードンのことを盲信するようになる。
ゴードンはサムを殺すために、俺をここから出してくれと頼む。




シーズン3になってから、というか2からですが、ボビーは主要なキャストになったんですね。
それとルビー。

新しい展開のためにいろんなキャストがきますね。
ゴードンは悪役??
サムたちを楽にはさせてくれませんね。

幸運のうさぎの足はすごい効果を持っていますが、自爆するかもしれない恐ろしいもの。
欲しいような、、、欲しくないような・・・。
悪魔が出てこなかったので、今回はベラの紹介でしょうか。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする