スーパーナチュラル シーズン2-20話「もう1つの世界」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン2-20話「もう1つの世界」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




ディーンは単独でジンを除霊しようとするが、ジンの能力で別世界に送られてしまう。
突然のことで戸惑うディーンだったが、自分には恋人(妻?)がいて、実家は燃えておらず母親が生きていた。
このことに感激するディーンだった。

サムの恋人のジェシカも生きており、彼らは婚約をした。
母の誕生日を兄弟で祝うが、サムはよそよそしい。
なんと、ディーンとサムは兄弟仲が悪かったのだった。

ディーンは昔からいい加減なことをしていて、サムはそのとばっちりばかり受けていた。
彼は亡霊のような少女を見る。
その正体が一体何なのか気になって仕方がない。

彼はこの世界では車の修理工をやっており、サムは弁護士。
狩りなどやったことがなく、父親ジョンは野球のコーチであり脳梗塞で他界していた。

ディーンは母親が生きていて、除霊に縛られない世界を満喫しようとしているが、何度か出て来る少女の霊に現実を思い出される。
そして、彼はここは自分が思い描いた理想の世界であると気づく。
彼はその大元であるジンを除霊しようと考え、最後に自分にいた場所に向かう。

そのときに、不仲であるサムがディーンのことを心配してついてくる。
彼らは狩りという共通の使命があったがために、仲が良かったのだった。
それがなかったら、彼らの絆は脆かった。

ジンのアジトに侵入すると、あの少女がいた。
ジンに縛られて、血を抜かれて徐々に殺されていたのだった。
血をなめるジン。

ディーンは現実を思い出す。
自分はジンに捕まえられており、同じように血を抜かれていて、少女は自分の側に同じように縛られているのだと。
夢の世界で死にかけると目が覚めるという言い伝えを思い出し、ナイフで自分の胸を刺そうとするが、サムが止める。
母親、恋人、ジェシカも現れて止めるが、彼は、現実に戻るといいナイフを自分に突き立てる。

その瞬間、目が覚め、サムが駆けつけていた。
2人でジンをやっつけて少女を救うことに成功する。





ディーンの思い描く別の自分というやつですね。
まあ、、、そういうのがあるものですが、夢見ても仕方ないものですね。
ジョンが生きていたらディーンの選択も変わったかもしれません。

あと2話となりましたから、きっと悪魔の計画に入ってくれるはず・・・。
なかなか、、、本編行きませんでしたね。

それと成宮君の吹き替えもこれでおさらばできますね・・・シーズン3からは芸能人ではなくて、本職の声優さんだそうですからよかった。。。
成宮君が捕まっていたら、スーパーナチュラルも見られなかったと思うとゾッとしますね
海外に逃げてくれて良かった。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする