スーパーナチュラル シーズン2-5話「悪魔のささやき」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン2-5話「悪魔のささやき」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




サムはまた予知夢を見てしまう。
これは、自分と同じような境遇の人間が命を落とす時に起こる現象であり、悪魔が関わっていることがあるからだ。
居場所を特定するため異常気象を調べるが存在しない。

今度は彼と同じような境遇、つまり火事にあったかどうかを調べることでターゲットを特定することに成功する。
そのターゲットをディーンが見張っていると、彼に話しかけられると不思議と言うことを何でも聞いてしまうのだった。
ディーンは人の言うとおりにさせる能力であると実感する。

予知夢で出てきた男は何者かから電話を受けると、殺人を犯して自分も自殺してしまう。
それをサムが阻止すると、また電話がかかってきて、その男は通りに出てバスに轢かれて自殺する。

サムとディーンの2人の話を総合し、その電話の主がターゲットであり、言うことを聞かせる能力で殺しをしていると。
サムは異常に強いこだわりを見せる。
それは「悪魔が自分達のようなサイキックのための大いなる計画がある」といったことと「能力を持つ者は人殺しになる」という懸念だった。

ターゲットから接触してきて、他の事件が起きることでターゲットへの疑いが張れる。
出生証明書を調べると、彼は双子で、彼のそばにいることが判明する。
片割れが自殺へ追い込んだのだった。

彼が殺したのは、誕生したときの医師と母親だった。
そして、今度は、双子の善人の方が思いを寄せる女の子を自殺するように仕向ける。
そこにサムが割って入る。

人を言うとおりに動かす能力はなぜかサムには聞かない。
双子の悪人は「自分は悪魔にお前のために大いなる計画がある。それまで待てと言われた」と言う。
彼は能力を鍛えており、言葉に発しなくても、触れていなくても能力を使える。

遠隔操作で彼を狙うディーンに自殺するように仕向けた時に、善人の方が悪人を殺す。
事件は無事に解決する。

彼らは悪霊ハンターのたまり場のバーに戻ると、バーのオーナーに見抜かれており、「これは私達の戦いだ。みんなで協力して助け合うことが必要だ」と言われ、サムは超能力者がいることや、超能力者が悪魔に目をつけられていることを話す。




今回は、超能力者が出てきましたね。
双子には驚きましたが、片方にはあの金色の目の悪魔が接触したようです。
もしかしたら、うまくいかないときには火事を起こしているのかもしれませんね。

うまくいかない超能力者は悪魔を脅かす存在になるから消そうとして家事にしているのかも。
大いなる計画とは一体何でしょうか。

シーズン1は、兄弟たちの復讐の物語だとすると、シーズン2は悪魔の大いなる計画を調べることになるのかもしれません。
ドラマだからかもしれませんが、、、、サムの能力はなぜ鍛えられないのか・・・ってことですね。
今回の能力や前回のサイコキネシスはかなり強力でした。

ので、サムもそのうち・・・なるのかもしれませんが。
この大いなる計画については、ジョンがディーンに告げたことに関係があるんでしょうね。
あの言葉が何だったかもこのシーズンで明らかになるとは思いますが。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする