スーパーナチュラル シーズン1-19話「呪われた肖像画」のネタバレ感想

Huluで今回は、スーパーナチュラル シーズン1-19話「呪われた肖像画」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




肖像画を購入した夫婦が殺される事件が起きる。
その肖像画がオークションに掛けられようとしているときに、サムとディーンが調査に乗り出す。
サムはその絵画を売ろうとしている主人の娘に恋をする。

躊躇してしまうサムだが、後押しをするディーン。
彼女もまんざらではなくて、成り行きで一緒に悪霊退治へと。

首が動く父親の像が悪霊の正体であると考えて、父親の遺体を燃やす。
しかし、正体は別であり、娘だった。
油断したところに襲いかかる娘の悪霊。

サムが彼女を守りながら応戦する中、ディーンは彼女の髪が編み込まれた人形を燃やし、除霊に成功する。
サムは恋に前向きになり、彼女は「また会いに来て」と。




ジェシカの死で、他人に対して一歩引いてしまうサムを前に歩かせようとするエピソードでしたね。
自分の寝室の天井に母親、恋人となくなってしまえば、そりゃ・・・辛くもなりますね。。。

にしても、毎回サムはポカばかりですね・・・。
演出とはいえ、、、やれやれです。
超能力を発揮するのか・・・と期待しましたがだめでしたね。。。

うーん、残念。



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする