ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7-1話「ドラゴンストーン」のネタバレ感想

Huluで今回は、ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7-1話「ドラゴンストーン」を見ました。


ということで以下ネタバレ注意です。



アリアは仮面を使ってオルダーフレイに成り代わり、フレイ一族を宴に招待し、酒に毒を盛って全員を殺す

ジョンは北部総督となり、会議を開く
サンサと意見を合わないが、諸侯たちはジョンを支持する
そんな2人の関係を見て、ベイリッシュがサンサにアドバイスする

サーセイは王都で戴冠式を行い、女王に就任する
グレイジョイ家を率いるシオンの叔父のユーロンはサーセイに元にやってきて、求婚する
サーセイは断るが、ユーロンは諦めずに贈り物を送ると約束する

壁のナイツウォッチのもとに、ブランがたどり着く

ホワイトウォーカーの軍団は数を増し、本格的に南下を始める
ロビンフッドたちは北を目指して進み続け、炎を恐れるフレゲインは炎の中に指名を見出す

サムはオールドタウンでメイスターになるための修行中
ジョンのために情報を集めようとするが、肝心の書物は柵の向こうにあり、師事するアーチメイスターの許可が出ない
埒が明かないのを悟り、夜中に無断で柵の奥に入り、書籍を拝借する

その書籍の中にホワイトウォーカーの弱点であるドラゴングラスの在り処を示した地図を発見する
サムはある男から「デナーリス様は来られたのか」と掴みかかられる

デナーリスは船旅を無事に終え、スタニスの城であったドラゴンストーンにたどり着き、拠点とする
(グレイジョイのヤーラとシオンもともに)



ゲーム・オブ・スローンズのシーズン7がやってきました!!
シーズン8で終了ということで、どういう展開が待っているのか楽しみでなりませんね

勢力図としては

1)サーセイ&ユーロン
サーセイが女王になり、権力を握りました
前シーズンから彼女の豹変ぶりと言うか、彼女の有能さ・残忍さが見事に出てきて、ラスボス感が満々です
ジョフリーがとんでも男でしたが、このサーセイの血を引いていると考えると納得です

彼女の遺伝でした
ジェイミーはかなり真っ当な男ですね

このサーセイに加勢するのが、グレイジョイ家のユーロン
かなり下品ですから、間違いなくラスボス勢力でしょうね


2)ジョン率いる北部連合
ジョンが北部総督となって、一致団結です
とはいえ、意見の合わないサンサ、いつ裏切るかわからないベイリッシュがいますから、なんとも言えないですね

父の仇がラニスターですから、北部対王都という構図は見事に成り立ちます
ただ、兵力や食料の関係でラニスターと戦うのはかなり厳しそうです
しかも、ホワイトウォーカーが迫っていますからね

3)デナーリスと軍団
デナーリスがとうとう七王国に戻ってきましたね
ドラゴンがいる、遊牧民がいる、穢れなき軍団がいると、実はかなりの勢力です

彼女が欲しいのは七王国の鉄の玉座
すべてをよこせというわけですから、ジョン、サーセイとも対立することになります

4)ホワイトウォーカー

いよいよ本格的に出番が増えてきたのが、ホワイトウォーカーですね
巨人も従えて、とんでもない数
ホワイトウォーカーというのはただの死者の集まりではなく、その中に王のような存在がいるので、きちんとしたまとまった軍勢


という感じで、4つの軍勢があってわかりにくい構図です
ホワイトウォーカーがラスボスなのか、サーセイがラスボスなのか・・・
判断がつかないところです

前シーズンの予想では、ジョンはターガリエン家であり、デナーリスの兄妹に当たるのではないかと考えていますから、彼らが戦うかもしれませんが、どこかで共闘する可能性もあるのかなと思います
ジョンがドラゴンに乗って戦う、そんなシーンもどこかで実現する、そんなことを予想しています



さてさて

1年ぶりのゲーム・オブ・スローンズはやはり、面白かったですね
海外ドラマで一番好きです
演出にお金がかかっていますし、何よりもストーリーが本当に良くできていますね

今まで追いかけてきた各パートの主人公たちがどんどん合流していく楽しさ
たまりません
サムのところで出てきたのは、デナーリスに使えていた鱗病になったジョラーですね

誰がどこで退場していくのかも見ものです
アリアによって、フレイ家は一気に滅んでしまいましたね
兄ロブの仇です

あのときも、一気にみんな殺されてしまいましたから、それに対する演出として、一気に毒殺した、そんな感じがします
シーズン7はなんと7話しかないので、残念で仕方ないですが、しっかりと楽しみたいですね

フォローする