ハンニバル シーズン3-11話「レッド・ドラゴン ~葛藤~」のネタバレ感想

Huluで海外ドラマをゆったりと見ています。
今回は、ハンニバル シーズン3-11話「レッド・ドラゴン ~葛藤~」のネタバレ感想です。



ということで以下ネタバレ注意です。





レッドドラゴンにとりつかれたフランシスは、ドラゴンから「彼女(リーバ)が欲しい」と言われて困惑していた
フランシスが愛している女性だったからだ

そのことを弁護士のふりをしてハンニバルに電話をかけて相談をする
ハンニバルはその電話の中で、「皆殺しだ」とウィルの家族をねらうようにそそのかす

フランシスはその助言に従い、ウィルの妻と子の監視を始める。
おそらく、フランシスがえさに毒をもり、ウィルの家の犬たちに食中毒を起こさせ、動物病院にすべて入院させる
ペットがいなくなった親子2人の家にフランシスは侵入する

その侵入に気づいたモリーは、後から肩を撃たれてしまうものの、何とかウォルターとともに逃げ出すことに成功する
この一件で、ハンニバルが犯人と連絡を取っていることを悟り、電話回線に細工をしてあることが判明する

犯人からの電話で逆探知を開始したところ、それはハンニバルの家を使っており、結局は犯人の居所を掴むことはできなかった
ハンニバルは、盗聴されているの知っていて、少し話を引き延ばしたところで「聞かれているぞ!」と警告して電話を切った

こうしたことがあり、アラーナは怒り、ハンニバルからすべての権限を取り上げ、彼の部屋は何もなくなってしまった
モリーは手術を受けて無事成功し、意識を取り戻し、ウィルと話をし、ハンニバルのせいだと怒る





まさかハンニバルがウィルの家族をねらうと思いませんでした
それはある意味では、ウィルに恋焦がれていて、その嫉妬で家族を殺したがっていたのかもしれません
彼らの恋物語という側面で考えるのであれば、これが物語の本筋というものでしょうね

普通の感覚で言えば、迷惑以外のなにものでもありませんね
無事に逃げることができてよかったのですが、それでも犯人はまだまだつかまりそうもありません

これはアメリカが広いからですかね
犯人の行動範囲からある程度絞れていくような気がしますし、ウィルが犯人を見ているので、その人相書きで追い詰めていけると思うのですが

そうしたこともあり、ハンニバルの思惑通りなのか、ウィルがまたハンニバルに会いに来ましたね
こうした行動がハンニバルの思うつぼのような気もしますが、ウィルはウィルでそれが実は心地いいのかもしれません
口実があるから会いに行ける、そういうものかもしれませんね

よくわからないおっさんたちの恋物語はどこに向かうのでしょうか?

フォローする