ハンニバル シーズン3-8話「レッド・ドラゴン ~序章~」のネタバレ感想

Huluで海外ドラマをゆったりと見ています。
今回は、ハンニバル シーズン3-8話「レッド・ドラゴン ~序章~」のネタバレ感想です。



ということで以下ネタバレ注意です。





3年後

ハンニバルは異常者として認定され、精神科医によって分類不可となり、12人も殺害したにもかかわらず、なんと精神異常で死刑を免れた
こうやって死刑をまぬがれた裏には、アラーナとチルトンの嘘があったようだ

フランシス・ダラハイドという男は、ウィリアム・ブレイク作の水彩画「偉大なる赤き竜と太陽の衣をまとった女」の虜になり、噛みつき魔として世間を騒がせていた

この噛みつき魔の事件で、協力を得たいとジャックがウィルの元にやってくる
ウィルは結婚しており、モリーと連れ子のウォルターと彼の家で生活をしていた
彼はFBIに戻る気はなかったが、妻モリーが、噛みつき魔が二家族を惨殺していることを知り、彼に協力してくるように言う

ウィルは現場で捜査を行い、犯人の指紋を手に入れる
ものの見方を取り戻したいとハンニバルに会いに行く




一気に3年経ちましたね
ウィルがまさか結婚しているとは思いませんでした
FBIから離れて精神状態も良好と言う形で、彼にとってはよかったのかもしれませんね

精神異常者のハンニバルから離れていたと言うのも大きな要素ですね
ジャックはFBIを一度はやめたものの、また復活して、また困ったらウィルを頼るという相変わらずの、自己中なやり方のように思いますが、犯人を捕まえる使命感があれば仕方ないのかもしれませんね

シーズン3は最初はシーズン2の事件の後の処理に追われてイタリアに場所を移して、その説明が長かったですね
個々でさらに3年後の生活について説明が入り始めるので、ちょっと間延びしているというか、何とも言えないところです

レッドドラゴンとタイトルにありますが、これは映画をリメイクしたという形になるのでしょうか
それを見たわけではないのでよくわかりませんが、噛みつき魔が今回の新しい敵になりそうですね

ウィルがハンニバルに会いたいといい始めましたので、やはりこのドラマは彼とハンニバルの恋物語なのでしょうか・・・

一体どういう展開が待っているのか全くわかりませんね

フォローする