マジシャンズ シーズン1-4話「壁の中の世界」のネタバレ感想

Huluで今回は、マジシャンズ シーズン1-4話「壁の中の世界」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




クエンティンが目覚めると、ブレイクビルズ大学ではなくて、以前入院していた精神病院の一室にいた。
病院の看護師たちはクエンティンのことを重症の患者とし、魔法の世界などないし彼が言っていることはすべて現実ではないという
彼は証拠を見せるために魔法を使おうとするかの方が使えない

精神病棟に入院しているので、一日の作業などをこなす中で、アリスと再会する
アリスは彼に「あなたは私を助けに来てくれた。そして捕えられてしまったの」という。
そのアリスの言動も怪しくて看護師に止められる

入院患者や看護師たちはみんなブレイクビルズ大学の人たちだった
今度はジュリアが面会に来る
ジュリアも彼が魔法使えることなど知らないし、そもそも彼はここに何か月も入院をしていたと言われる

彼はこれを夢か呪いか、とにかく本当ではないのだと言いジュリアに魔法見せようとして、今回は成功し小さな花火を打ち上げることに成功する
ジュリアにはその花火が見えないようで、入院患者全員無反応であった

ジュリアが去りぎわに「あなたの魔法の花火が見れなくて残念だわ」というと、彼は「俺は一度も花火の魔法を使ったとは言っていない」と言ってジュリアを疑う
ジュリアは動揺して、像が一瞬ぶれるが、すぐに元通りになる

彼はこのことでこれは呪いであると確信を深める
夢の中にジェーンが出てきて「すべての答えは本に書いてある」と彼に告げる
目を覚ました彼の目の前で、同室の患者が本をビリビリに破いてしまう。

彼は本を修復するために、看護師にテープが欲しいと言うが誰も貸してくれない
その日の最初の活動は音楽だった。
驚くことに、入院患者としてペニーがいたが、なぜか大学生の格好をしたペニーも現れていた

そのペニーの姿は誰にも見えないようだった
音楽の活動でペニーが嫌いな曲をみんなで歌うようにクエンティンはしむける
そうすると大学生のペニーが彼に突っかかってきて「俺は寝たいだけなんだ!歌うな!」と怒り始める
クエンティンは彼に本物のペニーに連絡しても自分起こしてくれ、これは呪いなんだと伝える。

そんな中、新しい面談者がやってきた
何とそれは彼の父で、彼が父のことをビーストだと呼び襲いかかったと説明し、その動画を見せられる

精神病院の薬が効いてきたのと、彼が暴れている動画などによって錯乱状態に陥っていくクエンティン
そこにペニーが再びやってきて、彼につっかかってくる。「俺は寝たいだけなんだ!」と
クエンティンは彼の暴力の痛みによって我に返り「これは強力な呪いなんだ。ペニーは起きて、本物の俺を起こしてくれ。お前が目覚めろ。目覚めろペニー」

この瞬間、大学のペニーが目覚める

ハッと現実に意識を戻すジュリア。
彼女のそばには師匠のマリナもいる
クエンティンの呪いは、なんとジュリアがないがしろにされたことの仕返しに、マリナの助けを借りて行ったものだった

マリナいわく高級ブランドの魔法だそうで、彼はもう起きないかもしれないと告げる
そのことにショックを受けるジュリア
この2人のやりとりを見ていたのが、ペニーの彼女のケイディだった

彼女はマリナと親密なようで、マリナからあとはどうにかしなさいと言われる
ケイディはブレイクビルズ戻ると、クエンティンを探しているペニーに肉体のありかを教える
目を覚まさないクエンティンを目覚めさせるために、学部長のヘンリーが助けに来る

ヘンリーは「スカルラッテェの罠」と見抜き対策を行う
それは大学のバリアを低下させ、マタレーズという異世界の魔物を召喚することだった
マリナはヘンリーがクエンティンのためにバリアを低下させるだろうと見抜いていて、ブレイクビルズ大学にジュリアと侵入するのだった

彼女はブレイクビルズ大学の学生で卒業を3か月前に放校させられたのだった。
放校処分になると、今まで作り上げてきた魔法が抜き取られてしまう
彼女の目的は自分の魔法を取り戻すことだった

マタレーズとトラベラーのペニーによって、クエンティンを精神病棟から出すことには成功したが、今度はブラックアウトしてしまう
現実世界に彼は帰ってこない

このことを知ったケイディは、大学にやってきていたジュリアに「どうにかしなさい。あなたのせいでしょ」という
ジュリアはヘンリーに事情を説明するが、時すでに遅しだった

呪いによって囚われているクエンティンは、再びジェーンと再会し、彼女から出るためのヒントをもらい無事に脱出に成功する
マリナは魔法を見つけ、ジュリアとともに強制的に脱出する

魔法を取り戻したマリナは、ヘッジ・ウィッチの仲間たちに「取り戻した魔法の一部をみんなに分け与える」という
そんな中で、ヘンリーに事情を話した罪でジュリアは腕の星印に×印を施され、外に追放される





最初は何のことかわからなかったですが、マリナの計画にジュリアが巻き込まれたという形ですね
ジュリアもクエンティンに復讐したいという思いを持っていたがためにこんなことになってしまいましたね

驚いたのはケイディの立ち位置です
ヘッジ・ウィッチのマリナと関係があるわけで、マリナの手先ということでしょうか
にしても、ブレイクビルズにいる彼に対して呪いがかけられたのはどういう理由でしょうか
ケイディが協力したのでしょうか

マリナがブレイクビルズの出身者であると言うことがわかりましたし、彼女はそこで何か問題起こしたみたいですね
魔法を取り戻した彼女はさらなる使い手に進化したわけで、彼女たちの望みは一体何でしょうか

トラベラーとしての力を発揮しつつあるペニーの動向も気になるところですね
今回は物語があまり進んだ気がしませんでしたね



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。

フォローする