ウォーキング・デッドは書くことがたくさんあるから好き

すごく敬遠していたウォーキング・デッドですが、見始めてみると思う以上に楽しんでいます。
何よりも、見たあとに書きたいことがたくさんあるっていいですね。
ここなんですね。



メンタリスト、クリミナル・マインド、ボーンズとかは、1話完結でコンパクトで面白いんですが、それ以上に語りたい何かというのが実は少ないんですよね。
安定感があってライトに見れるけど。

その点で長編ドラマは当たりハズレはあるけど、当たりを選ぶと、1話見るたびに「どうなるんだろう」「ここの解釈はどうしたら?」とあれこれと考えますね。
自分的にはこれが好きなようです。
ウォーキング・デッドはまさしく1話1話考えさせられるので、見たあとに「これ書きたい」「これ気になる」が多くていいですね。

スーパーナチュラルはサブストーリーばっかりだったので、このギャップでいけませんでした。。。
ということで、ウォーキング・デッドをこれからどんどん見進めようと思います。
何が待っているのか、、、ハラハラもあって面白いですね

フォローする