THE KILLING シーズン3-12話「虚像」のネタバレ感想

ドラマ:「THE KILLING ~闇に眠る美少女 シーズン3」をHuluで見ています。

今回はシーズン3の最終話12話「虚像」のあらすじとネタバレ感想です。
いよいよです。犯人は目星はついてきましたが、どういうドラマが待っているのでしょうか。



リンデンとホールダーはエイドリアンが危ないと考え、家に急行する。
家に帰ってきた形跡はあるがエイドリアンがいない。
養母の許可がないと、出てはいけない約束になっていた。





スキナーは娘を迎えに行く。
娘に「あのロングヘヤーの人(リンデン)を愛しているの?」と聞かれ、彼は「お前のことを愛している」と質問には答えない。
「自分を偽ることに疲れたんだ」と言う。

そこに、リンデンから電話がかかってくる。




・・・・だいぶ精神崩壊してます・・・・


リンデンとホールダーは駆けつけたスキナーに事情を話し、警官、特にレディックが怪しいと伝える。
ホールダーはレディックを追いたいと訴えるが却下され、「彼のキャリアに関わるデリケートな問題だ」とスキナー自身が調べるという。
2人はエイドリアンを追うことに。





心当たりの友人宅にいないかを聞いて回り、警察署に戻り、エイドリアンを追跡していた車を防犯ビデオから探すことに。
ところが、内部調査部がやってきて、ホールダーを連行してしまう。

内部調査が言うには、「レディックに対して暴行、その娘に対して何度も迫るなどしている」と。
ホールダーは「はっ、なんだそれ? やってない。上司に確認してみろ!」と言うが、取り合ってもらえない。



・・・・レディックを殴った件ですね。
でも彼は「仲間は売らない」って言ってましたよ。
そういえば、奥さんがこのことをスキナーに電話するって言ってましたね・・・・



リンデンはエイドリアンを追いかけていた不審なグレーの車の存在を知る。
ホールダーを解放するために、スキナーに連絡を入れるが取れない。

そのため彼の家にやってくると、彼はなんと、、、荷造りをしていた




・・・・犯人フラグきましたね・・・・


彼はうつろな返事のまま「ああ、わかった」と荷物を持って階下へ。
なんとそこに間の悪いことに、母と娘が帰ってくる。

一騒動になるが、スキナーは娘に「愛している」とハグする。
そのとき、リンデンは見てしまう。




娘の指にキャリーがしていた青い指輪があることを。
リンデンはスキナーが犯人だと確信する。

・・・・こんなわかりやすく、、、あげますか。
だから、戦利品にはなかったんですね・・・・


外に出たところで、リンデンは銃を突き付け、「エイドリアンはどこ?」と聞く。
スキナーは「警察に連絡すれば、エイドリアンはもう戻ってこない。私がいかなければ、彼は死んでしまう」と脅し、リンデンに車に乗るように言う。

リンデンはスキナーの携帯や銃を没収する。





内部調査の人間から、「訴えたのはスキナーだ」と聞かされ、しかも連行直前に連絡があったと、これでホールダーはスキナーが犯人であると確信する。
そして、リンデンが危ないことも。

「やばいんだ。解放してくれ!」というが、解放されない。
そこで彼は「わかったよ。白状する。俺はレディックが嫌いだ。だから、今朝は警察の保管室から盗んで、彼の車に爆弾をとりつけた。もう爆発するぞ。」嘘をつく。

一人が慌てて、対応に出ていく。

・・・・過去のジャンキーだった人間の言うことは信じないんですね。だから、この爆弾発言を真に受けるわけで・・・・


しばらく後に、内部調査局に怒り心頭のレディックが現れる。
ニヤリとするホールダー。

「おい、あいつをどこやった。早く解放しろ!」と。

そして、解放されるホールダー。レディックは「爆弾処理班がやってきたぞ。家族を死ぬほど心配させやがって!」とホールダーを殴る。




ホールダーはエイドリアンがいないこと、緊急事態であることを伝え「協力してくれ。俺は俺をはめたやつを追い詰める!」と。


・・・・ここはかっこよかったですね。刑事の友情というか、信頼関係というか。
レディックもいいところありますね。・・・・



スキナーが車を運転して、リンデンは助手席で銃を構えて、かなり時間が経過していた。
行き先はわからない。

「君は理解していない」スキナーが語る。
「君のために変わろうと思った。だが、今朝、キッチンで資料を見て、だめだった。
孤独だった。ずっと。気の遠くなるほど

君が私を追い詰めた。今朝、すべてが変わった。君があの焼死体に関わったことで。私は追いつめられてしまった。」


・・・・リンデンが捜査班に加わり、捜査をしたことでスキナーは追いつめられていったんですね。
スワード事件は終わったものであり、関係無かったのに、リンデンは関連付けようとした。
そして、唯一彼の犯行の証人エイドリアンを捜査にあげ、「彼が追い出しつつある」と言って彼を脅かした・・・・


そして、最初の事件のことを語る。

最初は事故だったようだ。ジャンキーに舞い戻って、つばを吐いてきたから、つい殴ってしまった。
そして、事が発覚するのを恐れて、湖に連れて行って殺した。

「静かだった。泣きもわめきもしなかった
あの子は、ただ私を見た。

君は知っているか?

人は終わりを悟った時、相手を見るんだ。
あんな目は初めて見た。

見られることの苦痛に耐え、恐怖心も乗り越えると。
あの気分はほかでは決して得られない」と。





・・・・壊れてますね。連続殺人を犯す動機はここにあったようです。
売春婦を家族の足を引っ張る屑だといいますし。・・・・


2人が捜査したトリーシャ・スワードの事件に関しては、リンデンたちの推理通りで。
湖にいるのをエイドリアン(テラスハウスから)に見られた、だから聞きに行った。
でも、彼は覚えていなかったと。

妻は標的ではなかったのだった。
だから、一連の事件とは関連がないし、スワードは彼に犯人に仕立て上げられた。

リンデンは「気づくべきだった」と激しく後悔する。
スキナーは「君は気づいていた。だから精神を病んだんだ」と。

リンデンは吐き気をもよおし、車外で吐く。




・・・・スキナーはリンデンに対して「直感が鋭い」と言ってましたよね。
きっと、リンデンは直感でスキナーを犯人だと感じていた。でも、彼のことを愛していた。

この相反する心の葛藤で、精神を病んだのかもしれませんね。・・・・


彼らの行き先はソーヤー湖。ホールダーも別荘があるここに向かっている。

リンデンは「ここにキャリーを捨てたの?」と聞く。
スキナーは「別の場所にもまだいる。誰にも見つからない場所に」

と過去と現在を含め21人よりももっと多くの殺害をしたとほのめかす

「あなたは怪物よ!」



車は目的地に到着する。
リンデンが「エイドリアンはどこ?」と聞く。


・・・・普通に考えると、こんなに遠くにエイドリアンは連れていけませんよね・・・・

「トランクの中だ」と。



その頃、レディックはエイドリアンを母親の墓のそばで発見し、保護する。
ホールダーに連絡を入れる。





ホールダーもソーヤー湖にたどり着き、別荘を調べるが誰も居ない。
焦る。


スキナーは「私は自分を偽るのに疲れたよ」と語り始める。
ミルズはうまく言った。あの子(ブレッド)は署に連絡してきた。

などと語り始め。「言い訳はたくさんよ。早くキーを渡して」と。
でも、しゃべり続けるスキナーにリンデンは発砲する。




銃声を聞いてホールダーが駆けつける。
スキナーは肋骨の下あたりを撃たれていた。

ホールダーは銃を持っているリンデンに「エイドリアンは無事だ。銃を降ろせ」と。

リンデンを銃を下ろす。

スキナーは苦しみながら「私を見ろ。君を愛している。君だけだ・・・・」
その瞬間に発砲し、スキナーが倒れる。



ホールダーは「何で撃っちまうんだよー」と頭を抱える。




そして、終幕。


・・・・最後のホールダーの言葉は視聴者の言葉ですね。
スキナーは殺人鬼であること、自分が行っている警察官としての仕事のズレを感じ、リンデンに追いつめられいるのが耐えられなかったんでしょうね。
また、リンデンのことを愛していたというのも事実で、一緒になりたかったのでは。

湖に連れてきたのは、リンデンを説得するか、もしくはリンデンに撃ってもらいたかったと、賭けたんだと思います。
何にしても、警察に捕まることだけは避けたかったはず。

リンデンも逮捕すればいいものを、撃ってしまうわけで、そうした性格もスキナーには見ぬかれていたんでしょう。
何で撃ってしまったのか。

というか、ここで終わるとは!!!
衝撃的すぎますわ。

いやーーーー見終わったあとはしばし放心でした。こういう展開になるとはね。


シーズン3は12話と短めでしたが、十分楽しめましたね。

スキナーはエイドリアンに見つかる前は近くの湖に死体を捨て、その後は遠くの湖などに捨てていたんでしょうね。
なのに、3年経ってからお粗末な犯行をしてしまったのはなぜか(シーズン3の1話ね)
意味不明です。

また、赤い袋をかぶせて遺棄していますが、それを3年間も見つからなかったのはどういうことなんでしょうか。
いやはや。。。
ミルズは捕まってから出てこなかったのは、「俺はやってない。はめられた!」証言していたからでしょうね。


と、細かいことを言っても仕方ありませんでしたが、最後の最後まで、犯人を特定させず、ちょっとずつ伏線を張っていく手法は今回も鮮やかでした。
前シーズンは完結までに26話と長かったんですが、今回のように短めでも十分でしたね。
十分に楽しめました。


ちなみに、シーズン4は6話あるようで、ここで完全終了のようです。(というか、打ち切り)
続きは気になりますが、Huluでの配信はまだです。

フォローする